テーマ:GIS

ArcGIS10でpython 備忘録 9 レイヤとラベルのOn/Off、凡例設定、PDF書き込み

レイヤとラベルのOn/Off、ラベルの色設定、凡例設定、PDF書き込みについて インデントがうまくいかないため、下記には全角スペースを使っているので注意。 mxd = arcpy.mapping.MapDocument(r"mxdのフルパス") # マップドキュメントを指定 for lyr in arcpy.mapping…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェープファイルの正しい呼び方

逆引きの本の情報が知りたかっただけなのだが、同じページに「シェープファイルについて」として、わざわざリンクが作ってあった。 http://www.esrij.com/getting-started/learn-more/shapefile/ 何でこれだけ特別記事になっているのか(またオープン!がどうとか?)かと思いきや。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS for Professional? ESRI UC 2013

いやあもちろん行ってないのだけど、ビデオや一部の資料はネットで見られるので、ここ数年はそれを凝視させて頂いています。この辺流石、米国企業太っ腹。 ビデオ http://www.esri.com/events/user-conference?sctp=sm&scvn=Facebook&scsrc=Facebooklinks&sck…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基盤地図情報標高5mデータのARCGISでの取り込み 特にnodataについて

今更だがメモ。IMAGINEでnodata処理がうまく出来ない(リサンプリングで無視できない)のが問題。 1.基盤地図情報のインポート(Import FGD) 2.投影法の定義(緯度経度、JGD2000) 3.ラスタの投影変換(平面直角座標系など) 4.傾斜角計算(必要に応じて、リサンプリングはBiLinear) ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

i-gotU GT-820Proを買ってみた。

Garminがいいのはわかっているが、それほど高くないGPSをいろいろ探していた。 Transystemの747ProやGARMINのeTrex10J も考慮したが、安くて「みちびき」に対応しているっぽいというだけの理由で、i-gotU GT-820Proにした。 実際計測してみたが、高さ精度は値段相当か余り高くないようで。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ESRI maps for Officeを試してみる

今trial版が30日ほど使えるので、ArcGIS.comのIDも取って使用してみた。 ダウンロードサイトはここ。http://www.esri.com/software/esri-maps-for-office/download officeは64bitの2010にしていたはずだが、何故か32bitしかinstallできない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Arc Hydro Tools2.0を使ってみる

ArcGISで使う水文解析用のツールに、Arc Hydro Tools2.0がある。ユーザーが少ないせいか、日本では国土数値情報のようなデータがあるせいか、日本語で紹介されているサイトが少ない。 ちょっと調べて試行してみたので、メモ。 入手先 紹介ページ  http://blogs.esri.com/esri/arcgi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS 10.1新機能の個人的注目点

What's new in ArcGIS 10.1のPDFがどういうわけかwebで見られなくなっている。 概要はここにあるけど。 http://events.esri.com/uc/QandA/index.cfm?fuseaction=answer&conferenceId=AC1DD535-1422-2418-7F1722E62B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ESRI UC2012のPlenarySessionをWebで見る

http://www.esri.com/events/user-conference/agenda/plenary-videos.html から見られる。 一昨年は現地に行けたけどここ2年は行ってない。でもこの3セッションだけでも、結構情報が見られる。 素晴らしいなあ。 内容はこれまで以上にArcGIS OnLine押し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジオイド高EGM96とEGM2008を画像にする

共にジオイド高。EGM96は15分刻み、EGM2008は1分刻みのデータが、WEBからダウンロードできる。 EGM96 http://earth-info.nga.mil/GandG/wgs84/gravitymod/egm96/binary/binarygeoid.html の http://earth-info.nga.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GepPDF

http://www.hitachi-solutions.co.jp/geopdf/sp/で紹介され、 http://www.hitachi-solutions.co.jp/geopdf/sp/download/でダウンロードできるgeopdfのソフト TerraGo Toolbarがオンライン(要するにAcrobat Reader…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS10でpython 備忘録 7

複数画像データの情報を全体ないしピクセル毎に見たい時に使う。 ポイントshapeにしたり、テキストにしたり、別ファイルを作ったうえで確認する方法はあるが、無駄なのでやりたくない時など。 for imgfile in arcpy.ListFiles("*.img"): とかやって、画像全体を取得した上で、そのプロパティから1つ1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012ESRIJapanコミュニティフォーラム

このような形態になる前(青山テピア)からだから、もう10年以上行っているわけだけど、今年も3日間とも行ってきた。 無論全部聞けたわけでもないが、私的なトピックをメモ ・10.1からArcGIS呼称変更 ArcView=>ArcGIS for Desktop Basicとか http://www.esri.com/ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS10でpython 備忘録 6

あるフィーチャーの属性を1つ1つ走査しながら、別のフィーチャーに対する空間解析をする SearchCursorがミソ なおTRYの後などインデントがおかしいところがあるので注意。 参考URL http://help.arcgis.com/en/arcgisdesktop/10.0/help/index.html#//002z00…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS10でpython 備忘録 5

特定のフォルダ以下にある全てのshapeファイルのフィールド属性を調べる まあ個々に全て違うことはないのだけど。 後でわかったのだがarcgisではintがSmallIntegerでlongがInteger # -*- coding:cp932 -*- import arcpy try: #以下は本当はちゃんとイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS10でpython 備忘録 4 改訂

久しぶりだけど同じことを そもそもarcgisのラベルマネージャーの機能がもっと良くなってくれればいいのに。 # coding:shift_jis # Sample code: # マップドキュメントの特定レイヤのラベルシンボルを一括変更 # ただハローなどは無理 # ラベルマネージャーを使えばハローは解決するがいち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基盤地図情報の標高データJPGISをArcGISで使えるようIMG形式にする

すごい雨。湿度が高くてやってられん。その様子をIPODで撮ってみたが、所詮おもちゃカメラ、全く雨が写らない。 さて、標高データJPGIS形式なかなか取り込みに苦労する。 地理院で有償で変換できるけど、それじゃ意味ないし、直接の変換は出来ないので色々工夫しないといけない。 ArcGISとIMAGINEがあるというのはかなり特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ESRIjapanのフォーラムに出る pythonについて

昨日から3日間六本木で行われている。今日も昼から出るけど昨日はエンジニアリング系のセッション。 最近pythonによく触れるせいもあり、そこに注目して参加したが、今回は大変有効だった。 そこまで使ったことがないので期待はずれかもしれないが。。。 一方で今朝sandiegoの開催メイルが来てARCGIS10.1の話があった。あれ10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS10でpython 備忘録 3

1.属性を検索しその結果に応じて以降の対応を変えたいことが良くあるが、その方法 一時的なレイヤを作ればよいらしい。 arcpy.MakeFeatureLayer_management(元のフィーチャクラス,プログラムで使うレイヤ名) 後はこのレイヤ名を使ってアクセスする。 2.空間検索などで、絞り込みをしたものを基準にさらに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS10でpython 備忘録 2

早速2つめ 特に複数条件のSQL文、選択して別ファイルにするときなどに使用。 構文は arcpy.Select_analysis(元となるフィーチャー,書き出すフィーチャー,SQL) だが、条件としては、 1.SQL全体をシングルクォーテーションで括る 2.ジオデータベースの場合は検索対象のフィールド名をダブルクォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ArcGIS10でpython 備忘録 1

ArcGIS10になってコマンド ライン ウィンドウがなくなってpythonだけになった。 テキストエディタで書き直すだけで同じ処理が何度も使い回せるので大変重宝していたのだが。 pythonはフリーだけど日本語のサイトも少ないし、ArcGISでとなるともっと少ない。 関連サイトでは関数の機能はわかるがプログラムサンプルが少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SAGA GISで地上開度

Menu: Terrain Analysis > MorphometryにあるMorphometric Protection Indexを使うと地上開度が計算できる。 実際計算は出来た、細かくは見てないけど。 地下開度はないけど、それはdemの方をまさに地下から見るような形で加工すればよいんだろう。 freeソフトに文句を言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県は広い

報道では屋内待避距離だの米での待避距離などいろいろ出ているが、数字だけだと大きさがわかりにくいので これは福島第1原発からの距離を10km刻みで100kmまで示したもの 80km圏内だと福島市(2月1日の推計人口293,166人)や郡山市(同、339,066人)も圏内になり、動脈である東北自動車道、東北新幹線なども含まれてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

距離カーネル in GIS

バッファーと似ているが、距離に応じて重みを変えられるというカーネル。 これについて調べてみたのでメモ。 ArcGISだと1つしか選べないけれど、↓の記述によるとCrimestat↓↓というプログラムで6つほど使い分けられるそうな。 http://www.spatialanalysisonline.com/output/html…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more